--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の実生

12:00

今回は完全に自分メモです


RIMG0959.jpg

約一年前、Haworthiaの実生に挑戦しようと
手当たり次第交配させてみた結果

RIMG0091.jpg

一部が結実し

RIMG0217.jpg

種が沢山採れた(↑はその一部)

とりあえず冷蔵庫に保存していたが
仕舞い込んでおいても仕方がないと
1月中旬(!)に播いてみた

温度を管理すれば我が家でも発芽することが分かったが

RIMG0967.jpg

適当に播いたため容器と用土の間で発芽してしまう子もちらほら

RIMG0964.jpg

また、何種類も一緒に播いたため
発芽時期が違うものが同居している状態になってしまい
管理がしにくいことに気がつくが後の祭り

発芽後の日照が少なすぎたのか
かなり徒長している


〓容器1〓

RIMG1556a.jpg

左上:オブ実生 x 大窓スリ
左下:オブ実生 x トル中オブ
右 :ミラーボール x ベヌ2


〓容器2〓

RIMG1557.jpg

左上:ベヌ2 x ミラーボール
左下:静鼓 x アメリカクーペリ
中央:静鼓 x 名無し
右上:名無し x ウンブラティコラ
右下:名無し x 静鼓

相互交配や素性の分からないものを使用した交配など
メチャクチャな交配が多いですが
練習なので大目に見てください

この後は容器から出して鉢上げする予定だが
もう少し株がしっかりするまで日照多めで見守ろう

---

用土はG粒状培養土を篩って出た物

バーミキュライトが中心だが細かすぎて根が入りにくく、
本体が倒れる事例が多発

もう一度篩って細かい部分を分離した方が良いだろう
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。